わきがのケアはますます進化する

わきがのケアはますます進化しています。以前会社勤めをしていた時のことでした。
朝出勤してオフィスの中に入ると、何か鼻をつく臭いがしたのです。
その臭いは、食べ物の臭いでもなく、汗の臭いとも少し違うような、そんな臭いでした。
そして、同僚たちが口にしたのが「わきが」でした。
私はその日まで、わきがという臭いがわかりませんでしたので、初めてわきがという臭いを知ることになったのです。

そして、その臭いの原因が女性の上司だということを耳にしました。
確かに、その女性上司が近くにくると、臭いが。
そうはいっても、身だしなみもきちんとしている方でしたし、とても不衛生にしているとは思えませんでしたので、ちょっと日々の忙しさでお疲れなのかと思っていたのです。
その後私は退職してしまったので、それからのことは、全く耳に入ってこなくなりました。
それにしても、このわきがとは普通の汗とどのような違いがあるのでしょうか。
まず普通の汗ですが、こちらはエクリン腺という場所から出る汗で、ほとんどが水分と塩分のため、無色透明だといいます。
それに対して「わきが」とは、アポクリン腺という場所から出てくる汗でありまして、脂質やタンパク質にアンモニアなどが含まれていて、白っぽい色をしているといいます。
そして、両方の汗はそれ自体では無臭なのですが、皮脂などの雑菌が分解することで、悪臭を放出するというのです。
しかも、その憎い「わきが」は、生まれつきの体質や遺伝によっても、なる可能性があるのいうので、とても奥深い問題でもあります。
しかし、近年では皮膚科や美容外科などの病院で治療ができるようになったようで、しかも保険も適用されるといいます。そして、病院での治療方法は、飲み薬や塗り薬の他に、手術という選択肢もありといいますので、医学の進歩は素晴らしいですね。また、ご自身での対策として、石鹸や下着を変えたり、わきが専用の美容液も販売されているようですので、これからも、わきがのお悩みに明るい兆しがありますように。
ワキガの治し方とは